同性結婚式・LGBTsウェディングの総合サイトnovia novia wedding

フォトウェディング – ふみさん&みきさん

 |  |  | 0

「パンツドレスを作りたい!」という気持ちからフォトウェディングについて考え始め、Novia Novia相談会にお越し下さったお二人。
フォトウェディングをしたことで改めて二人の将来について真剣に考えるきっかになったと感想を寄せてくれました。
ふみさん手作りのドレスに身を包んだふみさんとみきさんの美しいお写真をお届けします。
(以下、ふみさん⇒ふみ、みきさん→みき)

【カップルデータ】
お名前:ふみさん&みきさん
お住まいの都道府県:埼玉県
年齢:29歳/31歳
職業:服飾関係/会社員



Q:お付き合いされて何年でウェディングをされましたか?
みき)実際に撮影をしたのは2年3ヶ月目です。

Q:ウェディングをしようと思ったきっかけは何ですか?
みき)服飾関係の勉強をしていたふみちゃんが「ウェディングドレス、特にパンツドレスを作ってみたい」と言い出したのが発端です。
記念にもなりますし、そこから「これから長く一緒にいようっていう、区切りに」という気持ちで進めていきました 。
言うなればわりと気軽な気持ちでのスタートだったんですけど、結果的にウェディングをすることで、
これから一緒にいるために具体的にどうするか、仕事や生活のことも改めて考える良いきっかけになりました。
ふみ)もともとウェディングドレスというものが好きで、特に予定もないのに買い集めていたドレス雑誌の中にパンツドレスが載っているのを見て、
それに憧れたのと同時に、共感しました。
ウェディングドレスの固定概念を打ち破るデザインに、今後発展していくであろう多様性社会にとっては必要となってくるジャンルだろうと感じました。
「これを自分の手と解釈で作り上げてみたい」その希望をみきちゃんが汲んでくれて、結果がフォトウェディングという形になりました。

Q:準備に掛かった期間、費用&内容を教えてください。
みき)Novia Noviaさんの相談会にお邪魔したのが2月末のこと。
それからメールでいくつか希望に合うスタジオさんをご紹介頂き、スタジオに伺いました。
衣装合わせやご相談に伺ったのは初回含めて3回です。
最初のご相談から撮影日まで約4ヶ月掛かっていますが、仕事やドレス制作の都合上余裕を持って撮影日を決めさせて頂いたので、
もっと短時間で打ち合わせや撮影をすることも可能だと思います。
プラン内容と費用としては、洋装×屋外ロケーションプランで9万円。
そこにメイクやフォトグラファー指名などの希望オプションの追加をして、最終的に14万円前後です。
本来プランにドレスのレンタル料も含まれているのですが、私たちは自作のウェディングドレスを持込みたいという希望があったので、
別途ドレスの制作費が掛かっています。


Q:進める上で大変だったこと、逆に楽しかったことがあれば教えてください。
ふみ)ふたりとも似合うテイストが全く違うので、それぞれに似合うように、かつ、お揃いの意匠を取り入れられるようデザインをすることが特に大変でした。
最終的にデザインが確定したのは撮影の一週間前です(笑)
おおよそ一ヶ月半ほどずっと制作にかかりきりで、その間ほったらかしにしていたみきちゃんには寂しい思いをさせてしまったかな?
しかし、作るということは大変でもありますが、それを楽しくも思えるので、苦しくも楽しい一ヶ月半でした。
また、アクセサリーも全て制作をしたので、ドレスとの統一感を持たせることもでき、結果いいコーディネートが出来たと思います。
みき)制作はふみちゃんにお任せで(笑)強いて言うならふみち ゃんの苦手なスケジュール管理や制作費、制作中おろそかになる生活管理が私の仕事だと思い見守っていました。
デザインが確定するのが撮影の一週間前などはらはらする場面も多かったんですけれど、
ドレスができ上がってくる様子、そして一生懸命に楽しそうにドレスを作る姿を間近で見られて、私にとっても楽しい準備期間だったと思います。
Q:実際にウェディングをした感想をお聞かせください。
ふみ)服飾専門学校を卒業した身として、ウェディングドレスを作るというのは夢ではあったのですが、
みきちゃんと出会うまでそんな機会は一生ないだろうなと思っていました。
それが、自分のためだけでなく、かわいいお嫁さんのためにも制作をすることができて、長年の夢が叶いました。
自分の手でかわいく着飾らせたみきちゃんを眺めることができてとても幸せです。
みきちゃんもご満悦の様子だったのでなによりです。
喜ぶ顔が見たいので、お色直し用にもまだまだドレスを作りたくなってしまいました。
みき)大好きな人が自分に似合うドレスを考え作ってくれるなんて、すごく贅沢で幸せなことでした。
そんな彼女お手製のドレスで、いつもよりドレスアップした綺麗な恋人と楽しく撮影が出来たのはかけがえのない思い出です。
また撮影をきっかけに、友人やそれぞれの姉妹などから嬉しい言葉を沢山貰いました。
撮影前後で生活は変わりませんが、おめでとうと言って貰って嬉しかった分だけ、
これからもふたりで幸せであろうと思います。


Q:日本で同性婚が可能、またはパートナ ーシップ法などができれば、それを選択しますか?
ふみ)やはりなにかあったときのことを考えると、必要なことですし、迷わず選択したいと思います。
その際にはまたドレスを作って今度は挙式かな!?
みき)私も同じく、叶うならばおばあちゃんになる前に挙式が出来ると嬉しいです(笑)
Q:今後のお二人の夢を聞かせてください。
ふみ)もともと憧れてはいたのですが、今回の制作を経て、レズビアンカップルさん向けのレンタルドレスショップを立ち上げたいとますます強く思うようになりました。
お揃いの意匠を取り入れたペアルックデザインのドレスやパンツドレスを提案していきたいです。
みき)ふみちゃんがやりたいこと、またドレス制作という形で、同じようなレズビアンカップルさんのサポートや応援が出来たら素敵ですね。
また、ふたりの未来の展望という点では、例えば公正証書ですとか、現在抱えている不安を解消出来るような具体的な手段を検討したいと思います。
ささやかな生活的なことを言うと、ペット可能な物件で犬か猫を飼いたいです(笑)
10年後、20年後、可愛い犬猫を撫でつつたまにはふたりで写真を見返すような生活を送りたいな、と。


Q:ウェディングを検討している、または興味を持っている方へメッセージをお願いします。
ふみ)記念になるという点もそうですが、お互いに、相手への誠意や真心、決意を証明し誓うという点で、
なにかしらのイベントを行うというのはとてもいいことだと思います。
私も、今回のフォトウェディングをきっかけに、今後ふたりで生きていくということをより深く考えるようになりました。
みき)実際に相談会やスタジオに伺ってみると、想像していたよりフォトウェディングの敷居は高いものではなく、
自分たちの希望や身の丈にあったものが選択出来るものだと思いました。
同性同士という要因で困ったこともなかったので、ご興味がある方はまずはご相談をしてみると、ポジティブな対応に背中を押して貰えるのではないかと思います!
自分たちにとって良い思い出になったので、同じように素敵なフォトウェディングをされるカップルさんが増えると嬉しいです。

Novia Novia相談会にお邪魔してお話させて頂き、具体的なプランを提示して頂いたことで、
フォトウエディングをしたいという気持ちをぐんと後押しして頂けました。
それ以降に他のウエディングをされたカップルさんのお話を伺う機会があったのですが、
自分たちでLGBTの撮影が可能かスタジオさんに連絡をしたり、確認をすることの気持ち的なハードルの高さや難しさを思い、
要望に合うスタジオさんをご紹 介して頂けたことは、ものすごい近道だったのだと実感しました。
相談会で気さくに、そして親身にご相談に乗って頂いたことで、自分たちのウエディングは明るわくわくとしたスタートになったと思います。
本当にありがとうございました。

——-

ドレス制作の期間さみしい想いをさせていないかな?と思いやるふみさんと
「制作中は生活のことは私の担当」と思っていたというみきさん。お互いを自然に思いやる気持ちに優しい愛を感じました。
いつまでもお幸せに!!